【簡単です】メカニカルMODの抵抗値とシングルバッテリーの関係性

【簡単です】メカニカルMODの抵抗値とシングルバッテリーの関係性

VAPEは20歳以上の方を対象にしているので、未成年の方はご遠慮ください

こんな人に読んでほしい
  • オーム計算がよくわからない
  • 安全な抵抗値を知りたい
  • ギリギリの抵抗値はいくつ?

この記事ではメカニカルMODを安全に使うための命綱、抵抗値についてまとめました。

よく聞く「オームの法則」も登場しますが、ぶっちゃけ計算する機会ってほとんどありません。

メカニカルMODを使う場合は、危険な抵抗値さえ理解していればだいじょうぶです。

とはいえ計算方法もわかりやすく解説しているので、必ずご覧ください

液晶付きのテクニカルMODを使ったことがあるなら、必ず理解できる内容になっています。

タップできる目次

【早見表】メカニカルMODの抵抗値とワット数

【早見表】メカニカルMODの抵抗値とワット数

数値はあくまでも計算上のもの。

実際にMODに流れる電流が目に見えるわけではないので、十分に注意してください。

※すべて4.2V計算です

  • 0.15Ω〜0.25Ω(0.01刻み)
抵抗値ワット数アンペア数
0.15117.6W28A
0.16110W26.2A
0.17103W24.7A
0.1898W23.3A
0.1992.8W22.1A
0.288.2W21A
0.2184W20A
0.2280.1W19A
0.2376.6W18.2A
0.2473.5W17.5A
0.2570.5W16.8A
  • 0.3Ω〜1.3Ω(0.1刻み)
抵抗値ワット数アンペア数
0.358.8W14A
0.444.1W10.5A
0.535.2W8.4A
0.629.4W7A
0.725.2W6A
0.822W5.2A
0.919.6W4.6A
1.017.6W4.2A
1.116W3.8A
1.214.7W3.5A
1.313.5W3.2A

メカニカルMODの抵抗値の決め方について

メカニカルMODの抵抗値の決め方について

メカニカルMODでは「ワット数」を一旦忘れてください。

自分で調整できるのは抵抗値のみ。シンプルなので慣れると楽ですよ。

とにかくアンペアを意識すればOK

アンペアの計算方法

V(電圧)÷ Ω(抵抗値)=A(電流)

例えば4.2V ÷ 0.5Ω=8.4A、この計算で出た「8.4A」が肝です。

というかメカニカルMODはアンペアを気にしていればOKです。 簡単に言うと流れている電気の強さって感じですね

ワット数に変換したほうがピンと来るかもしれませんね。

バッテリーへの負担が減るように調整する

SONY(村田)の18650を例に解説
  • VTC4:2100mAh / 30A
  • VTC5:2600mAh / 30A
  • VTC5A:2500mAh / 35A
  • VTC6:3120mAh / 30A

ここでは村田製作所のデータを記載しますが、基本的には販売店など表記に従って使用してください

※情報元:村田リチウムイオン電池

記載してあるアンペア数は「連続最大放電電流」というもの。VAPEを吸うときに連続して使える電流の最大値です。

できれば20A以内で使うのがおすすめ。

許容範囲といった感じなのですね。目一杯使うとバッテリーが発熱して危険。

抵抗値を下げて使うのは危険が増える

抵抗値が低いと、、、
  • 0.1Ω:42A
  • 0.15Ω:28A
  • 0.18Ω:23.3A

4.2Vで計算しています

バッテリーによっては使うこと自体が厳しくなってきますね。 抵抗値0.21Ωでようやく20Aです。

許容範囲ギリギリでの使い方は、バッテリーにとって負担が大きくなりので辞めておきましょう

シングルバッテリーでの運用は20A以下をおすすめします。

オームの法則を使った計算方法

オームの法則を使った計算方法

電圧はバッテリーの充電がMAX時の4.2Vに固定しておけばOK。

実際にメカを使っているときは「数値」が目に見えないので、余裕を持って使いましょう。

アンペアの求め方

4.2V÷抵抗値=アンペア数

例:4.2V÷0.3Ω=14A

メカニカルMODは、この「アンペア数」を求める計算ができればOKです。

この抵抗値だいじょうぶかなぁと思ったら、電卓で「4.2÷抵抗値」と計算してください

安全な範囲というのは使っているバッテリー次第で若干変わります。

ワット数の求め方

4.2V×4.2V÷抵抗値=ワット数

例:4.2V×4.2V÷0.3Ω=58.8W

そんなに使う計算式ではないのですが「この抵抗値だと何ワットかな?」って気になる場合に。

メカニカルMODでは抵抗値とバッテリーがすべてを決めるので、参考程度に覚えておけばだいじょうぶです。

抵抗値の求め方

4.2V÷◯A=抵抗値

例:4.2V÷30A=0.14Ω

正直あんまり使わないですね。 ただ、使っているバッテリーで使えるギリギリの抵抗値を知りたいときに使えます。

低すぎる抵抗値は危険なので辞めてくださいね。

まとめ:抵抗値の計算は不要!危険な数値を覚えればOK!

危険な抵抗値を知ろう
  • 極端に低すぎる抵抗値
  • バッテリーに合わない抵抗値
  • 間違った計算の勘違いはNG

計算っていうと何かめんどくさいですが、シンプルに危険な抵抗値を知ることが目的です。

例えば「0.3以下では使わない」と決めておけば、ぶっちゃけ毎回計算することはありませんよね。

とはいえ迷ったときはこの記事の表を見てもらえればと思います。

メカニカルMODは抵抗値とバッテリーが全て。安全に使いましょう。

シェアしてもらえたら泣いて喜びます!

お気軽にコメントください!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる