【成功】喫煙歴20年の僕が電子タバコ「VAPE」で禁煙に挑戦

【成功】喫煙歴20年の僕が電子タバコ「VAPE」で禁煙に挑戦

VAPEは20歳以上の方を対象にしているので、未成年の方の購入はご遠慮ください

こんな人は読んでください
  • 今まで何度か禁煙に失敗した経験がある
  • やめれるものならタバコを辞めたいと思う
  • 電車タバコに興味があるけど試したことがない

中◯の頃からタバコを吸い始めて20年

いい加減タバコの値段をジワジワ上げるのやめてくんないかな。でも1箱1,000円になるまでは意地でも吸ってやるよ。

2020年9月15日、そんな僕が禁煙を始めました

禁煙に挑戦しては失敗してきた僕ですが、今回「VAPE」に切り替えたことで意外にもスッとタバコ離れに成功。

1日1箱オーバー吸っていた「LARK MILDS」とのお別れです。

この記事ではVAPEで禁煙するメリットや、成功させるための具体的な方法を解説します。

タップできる目次

電子タバコ「VAPE」で禁煙に挑戦する3つのメリット

電子タバコ「VAPE」で禁煙に挑戦する3つのメリット
VAPEで禁煙するメリット
  • タバコよりも安く吸い続けられる
  • 吸いたいというストレスが溜まりにくい
  • 家族や周りの人にも理解してもらいやすい

吸ってはいけないんではなく「VAPEなら吸ってもいい」っていう環境はかなり気持ちを楽にしてくれますよ。

厚生労働省では最終的に禁煙ガムか医者を勧められます。

話は変わりますが、タバコを吸ってない人が言う「ガムでも噛めば?」って腹が立ちますよね。

タバコよりも安く吸い続けられる

1ヶ月にかかるコスト
  • タバコ:500円×30日=15,000円
  • VAPE:消耗品1,000円+リキッド2,000円〜5,000円

※VAPEはリキッドタイプの場合

2020年の10月からほとんどのタバコが500円超え

VAPE本体などの初期投資こそかかるものの、維持費は「月3,000円」くらいでも収まります。

本体はスターターキットが3,000円〜購入できますよ。

吸いたいというストレスが溜まりにくい

タバコの代わりにVAPEを吸うって感覚が禁煙っぽくない

禁煙といえば
  • 1回でも吸ったら負け
  • 我慢しなければいけない
  • ガムで気分を紛らわせる

VAPEなら吸ってもいい。これだけでかなり気分が楽ですよ。(これ言うの2回目とは誰も気付いていないだろう)

家族や周りの人にも理解してもらいやすい

禁煙するといえば、家族はわりと協力的。

ましてやVAPEはニコチンとタールが入っていないので、我が家では家の中でも吸ってOKです

今まではタバコはもちろん、アイコスやグローも「家の中NG」だったので、VAPEはかなり高待遇でした。

VAPEに対する安全性や評価については、それぞれの家庭でも違うと思うので参考までに。

VAPEで禁煙する場合の注意点

VAPEで禁煙する場合の注意点
VAPEでの禁煙について
  • 吸い心地は好みが分かれる
  • タバコをやめる意思は必要
  • 安全性については自己判断

厚生労働省の健康情報サイトで「電子タバコ」について解説されています。

簡単に説明すると、VAPEの主成分は食品添加物や医薬品に使われているものですが、100%人体に害がないということは証明されてません

今のところ「タバコよりは害がない」と言われているようですが、使用するのは自己責任で。

VAPEに関する注意点に関しては、こちらのVAPEでの禁煙を失敗したくないあなたが知っておくべき5つのことでも解説しています。

VAPEで禁煙を成功させるためにおすすめの3ステップ

VAPEで禁煙を成功させるためにおすすめの3ステップ

僕がタバコからVAPEにうまく切り替えられた流れを解説します。

タバコを完全に辞めるまでの流れ
  1. まずお試しの気持ちでVAPEを始める
  2. VAPEを吸う割合を徐々に増やしていく
  3. タバコをゼロにして本格的にVAPEだけにする

意志の強い人はステップ②から始めてもいいかもしれませんね。

ステップ ①:まずお試しの気持ちでVAPEを始める

僕はまずタバコの本数を減らすために「DR.VAPE」を試してみました。

DR.VAPEを吸ってみたところ
  • VAPEも悪くないかも
  • タバコの本数を減らせた
  • 色んなVAPEを試してみたい

ここでいけるかもと思ったらGOサインです。

DR.VAPEについては【レビュー】DR.VAPE Model 2の定期購入を実際に使ってみた!で紹介しています。

ステップ ②:VAPEを吸う割合を徐々に増やしていく

タバコを減らすことを意識してVAPEを吸っていきます。

無理する必要はないですが、ここで7:3くらいでVAPEの割合を増やしておければ楽です。

初めはどうしてもタバコの「味」と「吸った感覚」への依存は拭いきれませんので、、、

このタバコがなくなったらもう買わないなど、ルールを決めたら次のステップに移行です。

ステップ ③:タバコをゼロにして本格的にVAPEだけにする

ここまで来たら「イケるかも」くらいの気持ちが強くなるので、強行突破で駆け抜けましょう。

しかしタバコをゼロにすると、、、
  • やはりニコチンが欲しい
  • VAPEじゃ物足りないかも
  • ステップ②に戻してみようか

すぐ上記のような「逃げ」が出てきます。しかしグッと堪えて、2日くらい耐えてください!

2日くらいタバコを抜くと「VAPEでいっか」という感じにもなってきますよ。

禁煙というよりVAPEへの完全移行なので、ハードルは結構低めです。ぜひチャレンジしてみてください。

こちらの【初心者向け】5,000円以下で揃える失敗しないVAPEの始め方でおすすめのVAPEを紹介しています!

VAPEで禁煙に成功できる人の特徴

VAPEで禁煙に成功できる人の特徴
禁煙成功率が高い人
  • メンソール系がタバコが吸える
  • 新しいものを見つけるのが好き
  • タバコをやめてやりたいことがある

禁煙ではなく、VAPEを楽しむって感覚で取り組める人はかなり有利です。

メンソール系がタバコが吸える

VAPEはメンソール系のリキッドが美味い。喉にくる刺激がタバコと変わらないんです。

むしろメンソールならVAPEの方が美味いんじゃないかなというレベル。

ちなみにタバコの味に近いリキッドは「クセが強く」好みが別れます。

人気上位のリキッドは、メンソールが少し効いたフルーツ系が多いですね。

新しいものを見つけるのが好き

VAPEは自分の好みを見つける作業も楽しみの1つ。

VAPEを使い始めると
  • どんなデバイスを使っていこう
  • このフレーバーも試してみよう
  • なんのケースに入れて持ち歩こう

習慣として吸っていたタバコとは違い「フレーバー」や「吸い心地」を楽しむのがVAPEです。

タバコをやめてやりたいことがある

タバコをやめたら浮いたお金でなにしましょう。

月に1万以上はタバコに消えている人も多いはず。年間で12万円ってかなり大きいですからね。

VAPEなら今タバコに使っているお金を半分、人によっては3分の1にできます。

浮いたお金はあなたのものです。これも禁煙のメリットですね。

まとめ:VAPEを使えば喫煙歴20年の僕でも禁煙できた!

タバコをやめてVAPEに切り替えることができました。

喫煙歴20年にもなると
  • 吸うことは悪いことではない
  • タバコは病気するまで辞めない
  • 税金払ってるのに文句言うなよ

もちろん健康に悪いのはわかっていますが、辞める理由がないんですよね

しかし、タバコをやめられるのなら、やめたいとも思っていました。

そういう意味ではVAPEはかなりいいきっかけでした。もしVAPEが合えばそこまで禁煙が苦になることないはず

1度は試さないと禁煙のチャンスを逃しているかもしれませんよ

シェアしてもらえたら泣いて喜びます!

お気軽にコメントください!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる